MENU

バンクーバー・ダイバースな街のリノベーション

2022年8月

セールス&マーケティング、その楽しさを教えてくれたのは父です。特にずば抜けてすごいマーケターではなかったかもしれないけれど、いつも仕事から帰ってくると、「こんなことで上手くいったんだ・・」というような話、「セールスはカスタマーの問題解決なんだよ」などと楽しそうに話す父。だからきっと今、お店でサンドイッチを作っている私は、売りたくて売りたくて仕方なくなってしまう。自分にコミッションが入ってくるわけではないのだけれど、いつも自分商店を盛り上げようとする心意気(アントレプレナーシップ?)それが大切だ、と父からも教えてもらったし、私もつくづく大事なことなんだと今感じる。ボスのために完璧を目指してやっているのではなく、結局は自分のためになるので、ハードワークするのです。この考えで仕事をしていれば、どんな仕事も自分のためになるし、ひいては皆のためにもなると信じて。
ダイバースな街は多岐にわたる価値観があるから、ゴールに到達するやり方もまちまちで、何が問題になっているのかが分かりにくい。だからプロジェクトを成功させようとする時、効率的にProblem finding、Problem solvingをするために、シンプルで、単刀直入なコミュニケーションがとても大切になってくる。人の言い分というのは、少しでも歪曲しようとする人がいればいるほど、混乱してProblem findingが遅くなるから。
そして、最初の一歩を踏み出してみようとしている人、冒険しようとしている人、そうやって変化してみようとしている人の価値をもう少し取り入れるべきです、という社会規範が定着すれば将来的には地域の発展に繋がると思います。どんな時も愛情持って喜怒哀楽コミュニケーションができていれば、ちょっとくらい自分と違うやり方の人がいたって、良いものは喜んで受け入れて、価値観をリノベーションして行けますもんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次