Unityで五目並べアプリ作ってみた

Unityで五目並べアプリ作ってみた

五目並べアプリを実際に作ってみたので、作業工程や作り方をまとめてみました。Unityでの開発なのでプラットフォームは後からでも変えられますが今回はAndroidアプリを作る前提で進んでいきます。

予備知識

  • UnityのUIにある程度慣れている
  • C#でのプログラミング

僕もUnityを使ったプログラミングはこのアプリで2回目なので、初心者目線の記事になると思います。

セットアップ

まずはUnityで新しいプロジェクトを作ります。保存場所や名前は自分の好みで、テンプレートは2Dを選択してください。

今回、僕が使っているバージョンは2020.1.0f1です。

また、今回はアンドロイドアプリを作るのでビルド設定でandroid用に一度ビルドしてください。

ファイル>ビルド設定 からAndroid 選択してビルド

プラン

こんな感じで整理してみました。

7ステップありますが、「これは自分で出来る!」という項目は飛ばして見たいステップにクリックで飛んでください。

ではさっそくシーン作りからやっていきましょう。

作成開始

一ステップづつ長くなるので、それぞれ別ページを作りました。

必要なシーンを作る&整理

この工程は必須でなないものの、僕はすべてのプロジェクトで自分の頭を整理するためにやっています。こちらを参考にしてください。

五目並べの盤を作る

UI画像を作る

追記予定

五目並べのゲームマスターを作る

ゲームオーバーの動作

メニュー画面の制作

追記予定

アンドロイド用アプリの配布

追記予定

Gomokuカテゴリの最新記事