MENU
Right-Hands Mix Owner's Blog

         Short Story「サイロサイロ」

サイレントメカニズムから脱出したい!そうローラは叫んでいた。ある時期から周りとの関係が徐々に変わって行ったことは感じていた。例えば、会話が始まる前に、まるで私の状況を把握している様子であったり、通りを歩くとじっと私をみる人が増えたり。最初はなんだか変、と思っているくらいだったのでけど、もうずっと経っても同じことが繰り返されるから、その対処の仕方も身についてしまったくらい。でもこのおかしな状況を違う視点から眺めると、どれだけ人の認知能力が高くて、AIはそれを真似て作られるからやはり高くなるのも当たり前だねと感じてもいた。

また、家の中では、どうやってやるのか興味深々だけど、想像では電気の配線などから起こす音なのか?軋み音が不思議な感覚で鳴る。特にお風呂場。また、もっとびっくりすることに、カメラが多分どこかにあるのかと思わせるくらい、私がいつ起きて、どんなふうに寝て、と言うことを、離れている人まで知ってたりするっていうクレイジーな事実。

でも、これだけなら、何か変!と騒ぎ立てて解決すればいい。これ以外にもっと凄いことがあるのだ。それは、変な現実を他の人に話すと、それに気づいたからViolationとローラは言われたことがある。変な現実を話せない仕組みらしいのだ。これが本当のハラスメントなんだなとローラは思った。つまり、ハラスメントにAwareすると、違反ということで、お仕置きのようにもっとハラスメントされることになり、無言でいろ、と言うことらしい。

こんなハラスメントをなぜローラが受けなければならないのか?ローラはそれをずっと考えていた。どこの誰にこのストップをかけて良いのかわからないから。ローラは考え続けた。勉強できて知識が広がった。サイレントメカニズムが関係しているんだろうな、、、。ローラがあるボランティアをした時の契約書のForced ArbitrationとNDA?そんなことってある?

サイロから出よう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次